【Tilak+POUTNIK】ODIN Jacket
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

【Tilak+POUTNIK】ODIN Jacket

¥60,500 税込

送料についてはこちら

  • Navy-M

    SOLD OUT

  • Navy-L

    SOLD OUT

  • Navy-XL

  • Natur-M

    SOLD OUT

オディン ジャケット  ロングステープルコットンを高密度に織った自然な通気性と防風性や耐久性を備えたVentile® コットン採用するアノラックジャケット。クラシックなパターンでアウトドア、ハンティング、タウンユースでも人気を誇る定番モデルのうちのひとつ。 腰部にファスナーがついており着脱時もしやすくなっています。 胸ポケットも大容量です。 ファブリックにはVentile® (ベンタイル)コットンを採用。 このファブリックの起源は英国の1930年代に遡る。軍隊用パイロットスーツに採用するために開発したVentile® ファブリック。大戦中に採用後、空軍パイロットが冬の北海に不時着しても生命維持の時間が延長されるようになりパイロットの生還率が飛躍的に上がったと言われている。 このファブリックに水分が染み込んだ際には繊維が膨張し水分の侵入を防ぐ。完全防水ではないが通気性(透湿性も含む)・防風性・耐久性を兼ね備えた高機能ファブリックといえる。 また、自然な風合いもありナイロンファブリックのように着用時に擦れる音がしないため、狩猟用ジャケットに採用される事が多い。その他、現在でも医療用・軍用・局地探検用に採用されている。 このファブリックはデニムのように、着用であたりや色落ちがでます。エイジングとしてご理解いただき、ご愛用頂ますようお願いします。 胸のカンガルーポケット内にインナーポケット3つを装備し、左腕に小型ポケット、ハンドポケットを装備する。身頃側に左右ベンチレーションを持つ。左脇のベンチレーションジッパーはダブルジッパーとなっており、上部のジッパープルを下げるとベンチレーションに、下部のジッパープルを上げると着脱時のクリアランスを設けることができる。このコシから脇にかけてのベンチレーションを使いバックパック着用時はヒップベルトをジャケットの下で体に密着させることができ、ポケットの仕様を妨げることがない。 made in Czech Republic サイズスペック(cm) S:前身頃64、後身頃71、身幅60、腹囲54、肩幅54.5、袖丈63、裾幅54 M:前身頃65.5、後身頃73、身幅61、腹囲56、肩幅56、袖丈64、裾幅56 L:前身頃68、後身頃75、身幅65、腹囲59、肩幅59、袖丈66、裾幅59 XL:前身頃70、後身頃77、身幅67、腹囲61、肩幅60、袖丈70、裾幅62 ●Tilak日本公式ホームページ http://www.barriojapan.com/tilak.html